Page Top

各種システム・アプリのアジア展開サポート


日本の国内市場(予測)

 シゴトヒトと日本のミライ

 古くから懸念されている内容のため、改めてお話をするまでもありませんが、今後の日本は人口の減少とともに国内需要の低下と働き手の減少に直面する事が予想されます。実際にそのような自体が起きた場合、外国人労働者を国内に招聘するというのが一般的によく言われていることで、もしそれが実現できなければ(政府が消極的であれば)国内に働き手がいないのですから、インターネットを使った仕事等はどんどん海外の企業・個人がリモートで行うケースが増えてくるのではないでしょうか。

また、加速するグローバル化、東京オリンピック特需などを鑑み、企業にとっては外国語(特に英語)にどれだけ対応できるかがキーとなってきます。御社のクライアント企業様がこの時代の流れにうまく適応するためには、御社システムの海外展開を早急に進める必要があるのではないでしょうか。

ただ「海外展開」といっても、やるべきことはサービスによってそれぞれアプローチも異なるでしょう。Skeem Technologyでは、英語圏であるフィリピンの地の利を生かし、以下の内容で御社の製品を世界で戦える製品にするサポートをさせていただきます。

 

サポート内容

   システム/アプリの英語ローカライズ対応

   フィリピンを起点とした営業代行

   海外展開後の英語カスタマーサポート代行

   現地での技術的サポート

 

※「次の新製品は海外で通用するものにしたい」「既存のアプリをローカライズし、アジアや世界に拡販させたい」といったそれぞれのご用件に合わせたコンサルティングも行わせていただきます。

VoIP/CTI等の音声系システムメーカー様へ

 フィリピンに拠点を置く弊社が特に自信を持ってお役に立たせていただけるのが、音声系のシステムに対するサポートになります。

フィリピンは何を隠そう、数年前に売上数・席数ともにインド抜き世界No1のコールセンター大国となりました。

フィリピンは主に欧米企業のコールセンターを始めとする各種BPO案件の最大のアウトソース先になっており、オフィスビルは日中深夜問わずフル稼働しています。

そんな莫大なマーケットに御社製品を拡販してみませんか?

弊社のフィリピン・ハイブリットコールセンターとセットでご利用いただくことで、御社製品のアジア(フィリピン)展開だけでなく、御社クライアントのカスタマーサポートのオフショア化のご提案も可能となります。

最終的に上記「日本のミライ」で紹介をさせていただいた日本の英語需要ならびに人材不足に対応することにも繋がって参ります。

これが弊社の地の利を生かした一石二鳥の海外展開サポートです。

フィリピン市場について

フィリピンの経済成長が目まぐるしいと言われております根拠は、その高いGDP(国内総生産)の成長率にあります。そしてその成長率を押し上げている要因がコールセンターを中心としたBPO産業となっています。